晩婚化が進む今の時代に知っておくべき女性の妊娠・出産についての情報をお届けします。

はじめに

 

2013年、初婚の平均年齢は男性30.9歳、女性29.3歳でした。

 

 

1950年と比べてみると5〜6年ほど遅くなっています。

 

社会で活躍する女性が増えるに伴って晩婚化が進み、
同時に妊娠や出産の年齢も上がっています。

 

同じく2013年の平均出産年齢の統計では、
第1子30.4歳、第2子は32.3歳、第3子は33.4歳でした。

 

 

 

結婚はいくつになっても可能ですが、
妊娠・出産は年齢が上がるほど流産や染色体異常の確率が上がったり、
未熟児として子どもが産まれる可能性も
高くなってしまいます。

 

具体的な年齢でいうと、
37、38歳。

 

卵巣の機能と女性ホルモンの分泌量は
この年齢ぐらいから急激に衰えます。

 

 

 

現在バリバリ働いている方も、
「いつかは子どもがほしい」と思っているのであれば、
その年齢を考慮したライフプランを立てることが
望ましいと言えるでしょう。

 

 

 

このサイトでは、
妊娠や出産に関する情報や知識、
オススメのアイテムなどをわかりやすくお伝えしていきます。

 

「子どもを産みたい」と思っているあなたは
ぜひこれを読んで知識を深め、
早めに今の生活に取り入れてみてください。

 

 

 

実りある、素敵な身体作りを応援します。

 

 

 

参考サイト:
日本の婚姻率・離婚率・初婚年齢の推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)
晩婚化が進む時代 |アラフォー妊娠力を高める方法